ブラックフォーマルと喪服

弔事のブラックフォーマルを選ぶ際には、それぞれの人の立場を考えて適切なものにする必要があります。喪服は大きく分けて3つに分類することができ、その1つは正喪服と呼ばれるものです。このブラックフォーマルは、葬儀から一周忌までの法事で着用されています。しかも喪主や遺族が着るのがこの正喪服です。

これよりもやや格を落としたものが、準喪服と呼ばれているブラックフォーマルです。これは一般的に着用されているもので、法事の一般参列者はこちらの服を着ています。喪主や遺族でもこれを着ても構いません。様々な場面で着ることができるのが、このフォーマル服です。

これら以外に略喪服と呼ばれるものもありますが、これは正喪服や準喪服と比べると略式の衣装です。急に弔問する必要ができたときやお通夜のときに着用することができるほか、三回忌以後の法事でも着ることができるとされています。漆黒でなくても良いのが特徴で、ダークカラーであれば失礼には当たりません。これらの様な弔事に着用することができるものもありますが、お祝い事の席でも着られるものもあります。

男性は弔事と慶事で同じスーツを用い、ネクタイの色を変えるのが一般的です。しかし慶事と弔事の両方で着ることができる女性用のブラックフォーマルもあるのです。一般的にブラックフォーマルといえば、イコール喪服というイメージがあるでしょう。しかし必ずしも弔事用としてだけでない場合もあるのです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*