ブラックフォーマルの注意点

お葬式や法事などの悲しい行事の際には、ブラックフォーマルを身に付けることが暗黙のルールとなっています。故人を偲び悲しみを示すために、黒という色でかしこまった格好をするということです。ブラックフォーマルは若い人は特に馴染みがないかもしれませんが色々なルールがあり、そのルールから逸脱してしまうと失礼になってしまうので注意が必要です。例えばただ黒いスーツであれば良いのではなく、漆黒である必要があります。

同じような黒に見えたとしても、お葬式や法事に参列すると違うものを着ている場合には目立ってしまいます。またストッキングはブラック色のものが良いです。肌色のもの以外に、薄いブラック色を用意しておきます。メイクは薄化粧で、口紅やチークなどの色味がつくものは避けた方が無難です。

薄化粧というよりも、すっぴんでの参列が望ましいとされます。その他、ブラックフォーマルのアクセサリーについてはブラックパールがふさわしいコーディネートです。間違っても煌びやかなネックレスやイヤリングなどは身に付けてはいけません。特に親戚だけなら親しい仲でお互いのこともよく分かっていますが、仕事関係のお悔やみの際には最大限の注意をしなければなりません。

親しい仲では許されることであっても、普段以上に気を遣う場面になるので、そのつもりで準備をしておいてください。髪の毛はすぐに変えづらいポイントですが、目立ちやすい箇所でもあります。あまりに明るい色に染め上げている時は、なるべく隠れるようなセッティングがいいかもしれません。ブラックフォーマルのことならこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*