ブラックフォーマルの選び方とは

ブラックフォーマルは、冠婚葬祭の席で着用することのできる服です。弔事にも慶事にも着ることができるものも売られていますが、主に喪服として弔事に着るためのものもあります。そのようなブラックフォーマルを購入するときには、一般的なマナーに沿ったものを選ぶ必要があります。黒で統一されていることはもちろんですが、それ以外にも肌の露出が最低限であることや体のラインを強調するデザインではないことがマナーです。

さらに華美過ぎないことも大切なポイントとなります。男性用のブラックフォーマルは、特にお祝い事とお悔やみ事で分かれてはいません。冠婚・葬祭のどちらででも着用することができ、ネクタイの色を変えることで結婚式でもお葬式でも対応することができます。女性のブラックフォーマルの場合は冠婚向けのものや葬祭向けのもの、そしてどちらでも着られるものの3つのタイプが売られています。

ワンピースやアンサンブル、パンツスーツなども販売されているようです。もし喪服として法事の時に着るのであれば、華美に見えることのないものを選ぶ必要があります。反対に喪服にしか見えないものを、お祝い事の席に着ていくことも避けましょう。子どもの場合は特に厳密なブラックフォーマルがあるわけではありません。

学校や幼稚園の制服があれば、制服を着用することで対応します。私服を着用する場合も、白シャツとダークカラーのズボンやスカートで良いとされています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*