ブラックフォーマルの選び方

ブラックフォーマルを用意する時に、ただ黒ければ良いとは思ってはいないけれど何に気をつけて選べば良いのか分からない方もいらっしゃるのではないでしょうか。お店で選べば聞くこともできますが、通販などで選ぶときはポイントを知っておかなければマナー違反になってしまうこともあります。葬儀に参列する際の服装で避けなければならないのは「派手な服装」です。黒であれば地味な印象を持たれることもありますが、黒であっても素材やデザインで派手なものはあります。

具体的には透ける素材であるシースルーやレースは肌が見えるので、派手な印象になってしまいます。また、サテンやシルクなど光沢のある生地も、葬儀の場には相応しくないため避けなければなりません。ただし、あまり地味すぎると他に着回すことができないため、小さくデザインの入っているものを選ぶと喪服として以外の使い道もあるので便利です。ブラックフォーマルの服装の時は持ち物やアクセサリーも注意点があります。

まず、バックを選ぶときは金具にゴールドやシルバーが使われているものは避けましょう。以前は皮製品は避け布製のものを風潮がありましたが、現在は皮製品でも問題ないとされていますので、金具部分のデザインだけ気をつけてください。アクセサリーは結婚指輪とパールのネックレス以外は相応しくないとされているため、それ以外のアクセサリーは身に付けずに参列します。また、パールであっても「不幸が重なる」イメージとなる、二連、三連のものはブラックフォーマルには合わせてはいけないものです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*