一般的に行われる葬儀の流れ

人生の中で何度葬儀に立ち会うことになるのかは、その人それぞれです。いつ行われるか分からないので、もしも誰かが亡くなったという時には慌てて着の身着のまま出かけていくという事も少なくありません。特に自分自身が執り行う側になれば、全く何をしていいのか分からずに、右往左往してしまうのも仕方ありません。一般的な葬儀の流れとしては、お葬式や告別式、通夜だけではありません。

病院または自宅でなくなった時、どちらでも大体は同じです。通夜までは一旦自宅に安置する事になりますので、簡易な祭壇である枕飾を整えて安置をします。そして、仏教であれば菩提寺から僧侶に来てもらって読経をしてもらい、故人の冥福を祈ります。この後に納棺となります。

いろんな作業などもありますが、並行して業者や家族、親戚などの近親者と葬儀に関しての打ち合わせをしていく事になりますので、悲しいですが慌てすぎないよう落ち着いて一つずつやる事を済ませていきましょう。通夜の準備や葬式の準備などを進めていきますが、葬式そのものについては宗教によって異なりますので、家族や親戚等にどうしておくのかも確認しておきましょう。告別式なども全て終われば出棺となり、火葬を行います。骨上げをし、遺骨法要をするなど、ここまで来れば後もう少しです。

後飾祭壇を作ったり、初七日法要などを行うなどをしていきます。分からない事があれば誰かに聞いて、滞りなく葬儀を済ませていきましょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*