葬儀をとり行うにあたって

葬儀は急に決まるものであるため事前に準備をする事が難しいです。また、当事者は慌ただしくしているため業者が主導で葬儀を行うケースがほとんどです。自分達の思いやニーズがあまり反映されず、業者が決めた値段の式を受け入れがちです。昨今、家族や友人等に対して生前に葬儀の段取りを伝えておくという人が増えています。

そのような人は自分の思い描く式を行う事が出来ています。これは急に決まるため事前に準備出来る事は限られています。しかし、準備出来る事はしっかりと行った方が良いです。なぜなら、何も準備をせずにのぞむと業者主導のものになり経済的な負担が重くなるからです。

また、機械的に式が終わってしまい、最後のお別れが十分に出来ない可能性があるからです。葬儀は家族の心身を疲弊させる大変なものです。このような状況の下で冷静に動く事は難しいです。故人や家族のニーズが尊重され、彼らが嫌な思いをしないように彼らを支援する人材の育成が求められています。

今後、医療・福祉関係者、家族等は生前に出来る限り葬儀のやり方等について確認しておくべきです。事前にその人の考えがわかっていれば、そのような場面に直面しても落ち着いて行動する事が出来ます。心の準備だけではなく、物理的な準備も事前にしておけば、当日の心身の疲労を最小限で抑える事が出来ます。故人の思いを最大限取り入れ、明るい気持ちで見送れるようにする事が大切です。

当日までの動きが大切です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*