葬儀の形態が徐々に変わりつつある

最近では様々な葬式が行われています。一昔前ならば大きな斎場で通夜、葬式が大々的に行われていました。友人や知人、近隣に住む人達や会社の人達など亡くなった方に関係するたくさんの人達が参列して斎場は人で溢れていました。そして参列者のために軽食をする部屋も用意されていて、そこではたくさんの人達が談笑をしている場面をよく目にしました。

今でもそのような形の葬式を行っていますが、昔ほどその数は多くなくなってきています。そういった葬式を挙げるのは、とにかくお金がかかります。家族が富裕層であれば問題は全くないのですが、あまりお金を持っていない人にとってそのような葬式を挙げることはとても困難です。最近では葬儀会社が斎場から火葬場まで全て手配をしてくれる場合が多いですが、そのような大きな葬式を挙げると葬儀会社に支払うお金が莫大なものとなってしまいます。

そのためそういった大々的な葬式を行わずに、小規模な葬式を行う遺族も増えています。今では葬儀会社だけでなくちょっとした葬式ならお寺でも行ってくれる場合があるので、お寺に頼んで葬式を挙げてもらう遺族も増えているのです。また家族葬を行う人も増えています。大きな斎場で葬式を挙げる場合にはたくさんの人が参列するので、遺族の方達の精神的な負担は相当なものになります。

たくさんの参列者に対する挨拶などに追われて、亡くなった人と最後のお別れを静かに送ることができないのです。そのため近親者のみで静かに葬式を挙げる人が増えているのです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*