葬儀に関する詳しい解説

葬儀に参加する際のマナーとして大事なのはまずは服装です。お通夜や告別式は礼服で参列する事になります。親密な交流がない場合は平服でも構わない場合がありますが黒を基調とした物を選ぶのが無難です。男性の場合はネクタイは黒を選択します。

黒系のスーツに白シャツを着用する事になります。柄物は避けて下さい。女性は目立たない色のスーツ等に黒い色の靴を揃えます。注意したいのがお化粧で全体的に薄めで人に気付かれない位に抑えるのがおすすめです。

これはどちらの性別にも言えることですが、アクセサリー等は身につけない方がいいです。髪型は長い髪の女性は黒ゴムでまとめ、茶髪の男性は黒い髪にするのがいいです。また、未成年者が参列する場合は学生服、或いは地味な服装をするのが望ましいです。いずれにせよ、派手な印象をなくすことが大事になります。

葬儀の際は開会するのよりも少し早い時間に訪れるようにします。遅刻などをしない様に気を付ける事が大事です。知人と会っても話をする際は声量には注意をするのが肝心です。通夜の時には短くお悔やみの言葉を伝えて、その後の葬儀の際には言わない事が礼儀となります。

参列した際に使わない方がいい言葉としては忌み言葉や重ね言葉があります。使用するのはマナー違反となるので充分注意する事が必要です。交流が深かった方でどうしても葬儀や告別式に参加できないと言う事態には弔電を打つと言う方法もあります。万が一の場合に備えて、頭の片隅に置いておくのをおすすめします。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*