葬儀は豪勢な物の方が良いのか

葬儀というとさまざまなことがイメージされますが、かつて多くの人に支持されていたのが豪勢な、と形容されるような葬儀です。大きな会場を借りて祭壇に美しい花を飾って故人を偲び、多くの弔問客を招くというようなものです。現在でもこうした豪勢な式に関しては無くなっているわけではありませんし、これを望むという人も少なくはありません。ただしかし、少々考えなくてはならないのが「葬儀は豪勢であれば良いというものではない」ということです。

過去にこうした豪勢なものが好まれていたということは事実ですが、かつてと現在を比べると状況は大きく変わっています。特にバブル期などは全国各地で豪勢な葬儀が行われていたのですが、そうしたバブル期は現在と比べても可処分所得が多くありました。主催する側も資金に余裕がありましたし、弔問客として参加する側も香典を支払う余裕が大きかったのです。ですが現在、バブル崩壊後は常に「不況」と言われるような時代になり、そうした余裕のある人は少なくなりました。

そのため金銭的なものから言っても、豪勢なものにするべきかと言われるとそうではないと言えるでしょう。次に日本という国全体の宗教観の変化もあります。これまでは「亡くなった親は豪勢に見送るのが最後の孝行」というように言われることもあったのですが、現在、そうした考えを持っている人はそこまで多くありません。むしろ密葬など、親族やごく親しい友人だけを招いて偲ぶという在り方もかなり多くなっていますから、豪勢なものでないからと言って恥ずかしいというようなことは無くなったと言って良いでしょう。

もちろん最終的にどういった式にするのかは遺族が決めることですが、「葬儀は豪勢にしないと」と考えて遺族が苦しむのでは意味がありませんから、こうしたことはしっかり考えておきましょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*