宗教によって違う葬儀

家族や親戚など、近しい人が亡くなったりしたら葬儀を行う事になります。また、自分自身が誰かの式に参列する事もあるでしょう。その時には、祭壇の作り方や全体的な雰囲気、香典の持参方法などが違ったりして少し疑問に思う事もあるかもしれません。日本では一般的に仏教で行う事が多いですが、もちろんそれ以外の宗教の場合もあります。

その場合はそれに従って葬儀の準備をしたり参列をする事になります。仏式であったとしても宗派の違いがありますので、必ずしも全て同じ式を行うということにはなりません。神式やキリスト教式などもありますし、場合によっては宗教そのものがない無宗教での式を行う事もあります。その為、細かく考えるよりまずは一般的な葬儀そのものの流れを踏まえておいた方がいいでしょう。

個人がなくなってからは病院であれば自宅に搬送してから安置、自宅であればそのまま安置などをして枕飾りや納棺を行います。通夜や葬儀、告別式なども滞りなく済めば出棺となり、火葬をして骨上げをします。実際にスムーズにできる人というのは早々いませんので、ひとまず式が無事終わるようにしていきましょう。そうすれば、後はゆっくりと家族で故人を偲ぶ事ができます。

この時間は、宗教が違ったとしても同じです。葬儀の準備等は悲しい中で頑張って行っていくのは本当に大変ですが、事前に分かる事などがあればしっかりと調べた上で必要なものや作業を準備していきましょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*