千葉市内で執り行われる葬式に関して

千葉市内で執り行われる葬式ですが、千葉市は政令指定都市であって、伝統的に成立していた村落よりも、むしろ戦後になって新たに誕生したニュータウンなどの割合が高いといえます。そのため、葬式のありかたについても、あまり地域による違いはみられないといえます。一般的な千葉市内での葬式の流れとしては、はじめに通夜があり、宗派によっては焼香や読経のほか、亡くなった人の人柄などについて、僧侶が紹介をしつつ、在りし日のことを偲ぶ機会がつくられます。次の日は告別式となり、会社の社長や地域の代表なども参列して盛大に行われるのが常となっています。

読経や焼香はありますが、特に社会的地位のある人が参列する場合には、指名焼香として、その名前と肩書が読み上げられます。告別式のあとは、出棺となり、千葉市内にある公設の火葬場に遺体は搬送され、そこで火葬に付されます。火葬については、近親者だけで行うのが例となっており、火葬がすめば、場合に応じて墓地にそのまま遺骨が埋葬されます。千葉市内の場合には、自宅で行うことよりも、むしろ葬祭ホールなどを貸し切りにして葬儀を行うことが多いといえます。

各地にある葬儀社でも、鉄道の駅に近かったり、高速道路のインターチェンジやその他の幹線道路の近くに、葬祭ホールを開設していることが多く、参列者が特に多い場合には、このような専用の葬祭ホールを利用したほうが、駐車場をはじめとする混乱もないため、むしろ適切であるといえるでしょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*