千葉独特のお葬式のしきたり

お葬式のしきたりは宗教や宗派によって色々ありますが、県や地域などによっても多くの違いがあります。千葉では他県とは違った風習がいくつもあります。千葉は東京、茨城、埼玉と隣接しており三方を海に囲まれています。平野が広がり家の建てることが可能な地域が広く、北西部では古くから住宅開発が盛んで東京のベッドタウンとして今も栄えています。

そのため都市化が進み合理化され都市部と他の地域ではお葬式のしきたりも違っているのです。まずどんな違いがあるのかというと千葉では後火葬と前火葬を行う地域があります。後火葬は都市部では一般的なお通夜やお葬式の後に火葬を行うということです。しかし前火葬はお葬式の前に火葬を済ませてしまいます。

前火葬にも火葬をお通夜の前ににするか後にするかという違いがあります。他には葬式組や班といった隣近所の人々で作られた組織があり寺院との連絡などの手伝いをしてくれたり、また別れの儀式としてお酒を回し飲みするという風習がある地域もあります。近しい人達が故人の傍で一晩中過ごす夜伽と呼ばれるお通夜がありそのときには夜伽見舞いという食べ物を持ち寄ります。また故人が長寿を全うした際には長寿銭といって紅白の水引が印刷されたポチ袋に紅白の紐を通した5円玉を入れて配る風習などもあります。

長寿銭には故人にあやかり長寿を全うできるようにという意味があります。このように都市部では珍しくなった風習が今も守られている地域があるのです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*