葬儀に関する色々な準備について

葬儀の準備は、実は家族など自分ととても近い間柄の人が亡くなった瞬間から始まっているといわれています。たくさんの決め事がありますので、なかなかこなすことは大変かもしれません。しかし、そのときになってパニックにならないようにしっかりと決め事に則って行うことが大切といえます。最初に決めておくことは、喪主を誰にするのかを決めておくということです。

喪主は葬儀を取り仕切る重要な役目を担います。通夜の前に決めておくことが望ましいといえます。通常は配偶者が喪主を務めることが一般的であり、配偶者がいない場合には長男または長女がその役を担います。原則として血縁が濃い順に喪主を務めることが通常となります。

喪主を誰にするのかを決めたら、葬儀の形式をどうするかを決めていきます。その際には故人の意向に沿って行うということが大原則となります。仏教形式がもっとも多いですが、故人の宗教によりキリスト教式の葬儀を希望している場合には沿うようにすることとされます。規模や費用については、生前の故人の意思を確認しておくことが大事です。

現在の考え方としては、無理のない程度に行うことが主流となっています。それから葬儀日程や式場、弔いの依頼などを行っていきます。こうした準備を把握してしっかりと行えるようにすることが喪主にとっては大事なことです。少々大変な面もありますが、準備を整えておき胸を張って堂々と務めるようにしていくと良いでしょう。

喪服のことならこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*