葬儀に参列する際にチェックしておきたい準備

葬儀は日本の冠婚葬祭の儀式として非常に重要なものになっています。もう今後会うことが出来ないということで言えば、結婚式よりも重要な儀式であると言っても過言ではないでしょう。しかしながら、そうした場であるからこそ葬儀にはしっかりとしたマナーなどが決まっています。最も重要なのは故人を悼む気持ちであるということは確かですが、それだけがあってもマナーを護っていなかったのでは意味がありません。

では葬儀に参列する前にチェックしておきたい準備としてはどういったものがあるかというと、まずは服装の準備です。通常の葬儀では「喪服」を着用することになります。男性であればダークスーツに黒いネクタイ、女性であれば黒のワンピースやスーツ、アンサンブルといったようなものになるでしょう。女性の準備ということで時折「パールのネックレスが必要だ」というように言われることもありますが、これは付けても良いだけで必須ではありません。

また見落とされやすいのが靴です。普段のビジネスシューズを履いてくるという人も居るのですが、厳密には「金具のない靴であること」が必要です。時計についても黒いレザーベルトに白い文字盤、三針のモデルではなくてはいけません。服装についてはこれらをしっかり順守していけば問題ないでしょう。

後は香典について仏式か神式かということを確かめる必要がありますが、もしわからない、不安があるようであればどのような宗教でも使える「御霊前」の表書きがベターです。服装を整えて香典もふくさに包んで汚れないようにもっていき、失礼のないようにしながら参列させてもらうようにしましょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*